第12回:海外転職に役立つ!語学の資格



過去の記事一覧はこちら

2019/2/25

第12回:海外転職に役立つ!語学の資格


カモメ編集室です。
せっかく海外で働くなら、語学力を活かせる仕事に就きたいですよね。

そんな語学力を証明してくれる、資格についてまとめました!



実際のところ、企業が重要視するのは「語学を使った実務経験」ですが
それでも客観的な証明としての資格は、特に書類選考においては一定の評価につながります。どんな職種においても、現地のスタッフや顧客とのコミュニケーションは必須なので、語学力が一定水準あるというのは大きなアピールポイントになります。

以下、主要な東南アジアの語学資格をピックアップしました。


■英語
(TOEIC、英検、TOEFL、IELTS)


■中国語
(HSK/漢語水平考試、日本中国語検定)


■タイ語
(実用タイ語検定、Thai Competency Test/旧ホーポック)


■ベトナム語
(ViLT/実用ベトナム語検定試験)
※ベトナム国内でも受験できる資格が別途あります。


■インドネシア語
(インドネシア語技能検定試験)


■日本語
(JLPT/日本語能力試験)



★がついているものが、アジアの日本人転職市場でメジャーな資格です。

語学力を証明するための資格はひとつの武器になることは間違いありません。 日本に居ながら受けられる資格もたくさんあります。
せっかく語学能力をお持ちであれば、目安として資格取得にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?


------------------------
当コラムへのご意見・ご感想をお聞かせください。
今後の情報発信の参考にさせていただきます。
edit@kamome.asia
------------------------

2019/2/25



はじめての中国・アジア転職コラム一覧

カモメのスポンサーズ!

日本人の皆様を対象に、中国実務経験豊富なキャリアコンサルタントが詳しくお話をお伺いし、おひとりおひとりに合わせた個別相談会を行います。

日本最大級のリクルートグループの総合力で転職をサポート。上海、蘇州、北京、天津、大連、広州、シンセンの7拠点でキャリアカウンセリング実施中。

※カモメの無料提供サービスは上記各社のご協賛により実現しております。現在、一部の枠でスポンサー企業の募集させていただいております。広告掲載のお問い合わせはこちらにメールでご一報下さい。