求人件数

最終更新日2019/11/22

2013/06/07 : 北の国境・丹東マラソン記



カモメ編集部通信TOP

2013/06/07

北の国境・丹東マラソン記


深センの尾崎です。
5月くらいから30度を越える日々が続く深センですが。。。。
このたび、遼寧省丹東市でのマラソンに参加してきました!

日本では近年競争率が高く、
マラソン大会へのエントリーが難しいとの嘆きがよくきこえてきますが。。。
中国は2週間前くらいまで申込み可能!
申し込み期間に間に合えば、エントリーできないことはまずありません!!

さらにさらに。
丹東市は鴨緑江という河を隔てて向こう側は北朝鮮という、なかなかレア度が高い立地。

まずは1日半かけて移動。
華南地方にある深セン・宝安空港から無錫空港を経由して、大連・周水子空港へ。


写真:宝安空港


写真:無錫空港で乗り継ぎ


写真:1泊目の大連ホテル

所要時間6時間。。。中国の広さを感じるフライト!!
さらに2日目、チャーターしたマイクロバスで大連を出発し、高速を北東へ300キロ進みます。

ようやく到着した丹東市内、どんな片田舎かと思ったら、、、
こんな感じ。


写真:結構都会!


写真:丹東マラソンゴール

カルフールもケンタッキーもありました。
また、国境の街という地理を反映してか、
朝鮮料理屋さんやハングル文字が多く目につきます。

朝鮮料理屋さんでは、麺が黒い冷麺!!本場の味~~


写真:黒い冷麺

前夜祭と称して、高級海鮮料理で舌鼓♪
普段深センで食べるのとはまた違った素材と味付け。
余談ですが、海鮮料理のお店ではイケスがいっぱいあり、
素材と調理方法を指定して注文するのです。

カニ、アワビ、でっかいアサリなどなど、おなかいっぱいで大満足!


高級レストラン

いやいや、本番は翌日。
ちょっとめんどくさい気もしなくもないですが、
マラソン後のおいしいビールに期待して、42.195キロがんばりました!

鴨緑江沿いのワンウェイコース、向こう岸の北朝鮮を望みながら、
丹東の新興開発地を走ります。


写真:河の向こうは北朝鮮

日本語が書いてあるTシャツをきていたので、沿道の人からたびたび
「ガンバッテー」「コンニチハー」と声をかけられる。
どうやら、このへんの学校では日本語を教えるクラスもあるんだとか。

前半はまだ元気で、ハイタッチや声掛けに応答していたのですが。。。後半に撃沈。
快晴の天気の中、日陰がいっさいないという灼熱地獄。

補給の水とスポーツドリンクは十分に供給されていましたが、
練習不足も重なって走れなくなり。。。
ぎりぎり5時間を切るタイムでなんとかゴール。


写真:完走証

練習は嘘をつかないっていうのは本当ですね。
これからの季節、深センはさらに暑くなりますが、
トレーニングはがんばって続けたいと思います!

2013/06/07




<求職者の皆様にお願い>
カモメに掲載されている求人情報は、求人掲載企業に対して求人情報に虚偽がないようにお願いはしておりますが、掲載内容の全てを保証するものではありません。労働条件・待遇等については、ご自身で企業に十分確認されることをお願い申し上げます。また、求人掲載内容と実際の労働条件が著しく異なる場合、大変お手数ですが以下までお知らせいただけますようお願いいたします。弊社から求人掲載企業に誤記・虚偽がないか確認をさせていただきます。ご連絡先:info@kamome.cn

Page Top