初めてベトナムにいってみた


2019/06/12

過去の記事一覧はこちら



みなさんこんにちは!
カモメのSakuです。

今回初めて出張でベトナム(ホーチミン、ハノイ)に行ってきました。
そんな初めてのベトナムを勝手にまとめてみたいと思います!

人口は約9,370万人(2017年)
有名な都市は首都のハノイとホーチミン、そしてリゾート地として人気のダナン
2018年はGDP成長率7.1%を誇り、成長著しい国です(近隣国のタイは4.1%)。


写真はホーチミン市内のサイゴンスカイデッキ(展望台があります)
ホーチミン市内で一番目立つ建物です。


①通貨(ドン)の桁数がはんぱない



10,000ドンが約500円です。桁がよくわからなくなるので、最初は3度見くらいしてから支払いをしたほうが良いです。 ただ1週間もいれば慣れます(笑)。


②バイク数がはんぱない



初めて街を歩いた際に圧倒されたのはバイクの数です! 最初にみたときはひっきりなしにバイクが走っているので一生渡れないかと思いました。
それもそのはずバイク保有世帯80%以上!女の子も当たり前のように運転しています。


③物価がはんぱない



街中のローカル店であれば200~300円あればたらふく食べれます。 あの有名なバインミー(ベトナムのサンドイッチ)なんて1個100円程度で腕がもげそうになるくらい中身がぎっしりつまっています。




こちらは蟹をふんだんにつくかったバインカンクアという麺料理です。
エビ、カニがはいって200円程度です!
これを食べたらビールも飲みたいなーという酒好きの方に朗報です。 ビールは1缶100円未満で買えます。お店でドラフトビールを飲んでも200円くらいです。


④サッカー人気がはんぱない




ベトナムはサッカーが人気!この日はベトナム対タイの親善試合です。
タイでの試合なので大通りでパブリックビューイング。
写真でうまく伝えられませんが、W杯かと思うくらいの人混みでした。



⑤親日がはんぱない

クリーニング屋さんにクリーニングをお願いした際、おばさんに日本人は好きだからと通常別料金の最速仕上げを通常料金でやってくれました。ただ急ぎではなかったのですぐとりにいかなかったら怒られました。若干仕上げにも心がこもっている気がします(笑)。



ベトナムは物価も安く親日な国で、暮らしやすいところだと感じました。多少インフラが整っていないところはありますが、初めての海外生活にもおすすめです。地下鉄開通の予定もあり今後益々暮らしやすくなっていくのを実感することも楽しみのひとつになると思います。

行ったことがない方は是非ベトナムに行ってみてください!


2019/06/12



過去の記事一覧はこちら

カモメのスポンサーズ!

日本人の皆様を対象に、中国実務経験豊富なキャリアコンサルタントが詳しくお話をお伺いし、おひとりおひとりに合わせた個別相談会を行います。

日本最大級のリクルートグループの総合力で転職をサポート。上海、蘇州、北京、天津、大連、広州、シンセンの7拠点でキャリアカウンセリング実施中。

※カモメの無料提供サービスは上記各社のご協賛により実現しております。現在、一部の枠でスポンサー企業の募集させていただいております。広告掲載のお問い合わせはこちらにメールでご一報下さい。