求人件数

最終更新日2019/11/21

さよならドゥシット動物園



カモメ編集部通信 最新記事へ

2018/09/25

さよならドゥシット動物園


皆さんこんにちは!
カモメ編集室のサイです。


「動物園行かない?」


そんな友人の一言から始まりました。
ちょうど編集部通信のネタを考えていた僕は「行きます」と即答。
目的は1938年より80年続くタイ最古の動物園である「ドゥシット動物園」。

友人A「キリン見たことないから」
友人B「動物見て癒されたいから」
僕「編集部通信のネタになりそうだから」

動物園に行きたい理由は三者三様でした。
そうして「ドゥシット動物園」へ男3人で行くことになりました。

BTS(タイの電車)とトゥクトゥクに揺られ動物園に到着。 入園料は大人150THB、子供70THB。
園内に入ると早速キリンを発見。
高台があり階段でキリンの顔の位置まで登れるようになっています。





ち、近い!!
こんなに間近でキリンを見たのは初めてだったので感動です。 大きくキラキラした瞳でかわいい顔をしておりました。
ただ可愛さとは裏腹に、その巨大な体躯に改めて動物の本来持つ力強さを感じました。
これにて友人Aの目標は達成。

その後は園内をぐるりと回りました。


お昼寝中のトラ…


お昼寝中のライオン…


元気なカバ!


と、8:2くらいでお昼寝中の動物が多い印象でした笑
ほぼすべての動物も見終わり、友人Bからも「癒されたわ~」と目標達成の合図を受け取りました。

残る僕の「編集部通信のネタにする」という目標もほぼ達成されていたので、「帰ろうか」と出口に向かって歩いていると前からカエル君がやってきました。



気さくなカエル君と記念写真。
彼は僕と写真を撮った後、おもむろに自分の頭を外し、颯爽と去っていきました。
中にはぽっちゃりした中学生くらいの少年が入っておりました。
30℃を超す気温の中、着ぐるみで頑張ったカエル君に「いいね!」を送ります。

またタイトルにもある通り、残念ながらこのドゥシット動物園は2018年9月30日で閉園し、2019年よりパトゥムターニー県タンヤブリー郡の新しい施設へ移動するようです。

また移転後の動物園にも行きたいと思った、男3人旅でした。
それではまた!


2018/09/25



<求職者の皆様にお願い>
カモメに掲載されている求人情報は、求人掲載企業に対して求人情報に虚偽がないようにお願いはしておりますが、掲載内容の全てを保証するものではありません。労働条件・待遇等については、ご自身で企業に十分確認されることをお願い申し上げます。また、求人掲載内容と実際の労働条件が著しく異なる場合、大変お手数ですが以下までお知らせいただけますようお願いいたします。弊社から求人掲載企業に誤記・虚偽がないか確認をさせていただきます。ご連絡先:info@kamome.cn

Page Top