求人件数

最終更新日2019/11/21

東台路



カモメ編集部通信 最新記事へ

2015/7/1

東台路




オフィスからすこし歩いたところに
「東台路」という骨董品ストリートがあります。

文革時代の「中国っぽい」アイテムが欲しい人にはおなじみの場所だと思います。
新天地からちょっと足をのばしたところにあるスポットなので
欧米人観光客を中心に観光客も多い場所です。

でも、骨董品といっても本物ではないと思います。
「骨董品ぽい」レプリカだと思います。
店先にならんだ小物は値段も数百元くらいのものがおおいのかな?
まあ中には本物もあるんだと思いますが。



このストリートですが、
再開発の対象地域になり、いま撤去が進んでいます。

昔ながらの作りの弄堂づくりの建物が多い地域だけに残念です。
レンガを一つずつ手で積み上げてつくられた家は
コンクリートづくりの味気ない建物よりも、
解体される姿も美しく、また儚くついついシャッターを押してしまいます。

ただ、もし自分がここに生まれて、大人になるまで住んでいたのなら
その時間もを失っていくようなとても
レンズを向けれらないようなさびしい光景のようにも思えます。






この10年で上海の大きな変化を目の当たりにしていますが、
今の実の前にある風景が昔から続いていたような錯覚があります。
昔の写真を見ないと思い出せなくなっています。
この東台路も数年もすれば、あったことも忘れてしまうんでしょうね。

ちなみに、この骨董屋街ですが完全になくなるわけではなく、
近くの場所に移転して、営業を続けるそうです。
また6月30日現在において完全に撤去されたわけではなく、
まだ営業を続けている店もあります。
もう活気もなにもないですけど、
新天地近くに来た際にふらっとよってみてはいかがでしょうか?






2015/7/1




<求職者の皆様にお願い>
カモメに掲載されている求人情報は、求人掲載企業に対して求人情報に虚偽がないようにお願いはしておりますが、掲載内容の全てを保証するものではありません。労働条件・待遇等については、ご自身で企業に十分確認されることをお願い申し上げます。また、求人掲載内容と実際の労働条件が著しく異なる場合、大変お手数ですが以下までお知らせいただけますようお願いいたします。弊社から求人掲載企業に誤記・虚偽がないか確認をさせていただきます。ご連絡先:info@kamome.cn

Page Top