マレーシアのここだけは行ってみて!



カモメ編集部通信 最新記事へ

2017/10/9

マレーシアのここだけは行ってみて!


カモメ通信をご覧の皆さんこんにちは!
アジア営業担当のグッチです。

先日、マレーシアはクアラルンプールに行ってきました!

という事でクアラルンプール見どころ紹介やっちゃいます!
はい、一発目どーーーーーーーん!!!



そう、ペトロナスツインタワー!

クアラルンプール=ツインタワーの街!という程に、街のシンボルとして有名すぎる双頭のタワー。 ご覧のとおり2つの塔を中空の橋(スカイブリッジ)で繋いでいるつくりなのですが、 実はタワー1(写真左側)は日系企業に、タワー2(写真右側)が韓国系企業によって建設された日韓合作のタワーだそう。 オフィス棟には日系企業も入居しており、タワー隣接のショッピングモールでは 日系デパートの「伊勢丹」も入居しているなど日本と何かと縁のあるタワーなのでした。



下から見上げると、近未来的でかっこいい作りに圧倒されました!


はい、続いては・・・



クアラルンプール随一のショッピングモール、「Pavilion(パビリオン)」!
数多くのショッピングモールの中でも最大級の広さを誇り、入居ショップ数は約450店舗!! 店舗数でいうとピンとこないかもしれませんが、 日本の伊勢丹 新宿店の店舗数が約80店舗という事を考えると、広さがお分かりいただけるでしょうか。
(ちなみに私は一時間うろうろしただけで迷子になり、案内係の方に出口を聞く始末でした)

そんなパビリオンには、「東京ストリート」と名付けられた
日本にちなんだ商品や食事を提供するショップが集まったエリアもあり、
クアラルンプール在住日本人の方も、ちらほらお見かけしました。



続いてはですね~



(クアラルンプールの写真ストックがつきたので)
クアラルンプールからちょっと足をのばした先の、モスクのご紹介!
憧れのブルーモスクのご紹介です。

ご覧のとおり、鮮やかなブルーが特徴のこのモスク。
正式名称は「スルタン・サラフディン・アブドゥル・アジズ・シャー・モスク」。
なんとマレーシアでは最大のモスクで、世界でも4番目の大きさなんだとか。
ちなみに、4つの尖塔(ミナレット)を持つモスクの中では世界一の大きさのようです。
※昔は礼拝の時間を知らせるために、このミナレットの上まで人が上り声をかけていました。現在ではスピーカーが取り付けられ、人々に一日五回礼拝の時間を呼びかけています

このブルーモスクでは、無料で、ガイドさんつきの案内ツアーに参加する事ができ
英語・中国語などで丁寧に詳しく説明をしてくれて、
あまり知る事のないムスリムの方の礼拝手法や考え方などを知る事ができます。
ちなみに、女性は中に入る際に「ヒジャブ」と呼ばれる体を隠す衣装を貸してくれるので 初ヒジャブの場合はちょっと心躍るかもしれません!
日によっては日本語でのガイドさんもいるようですので、ぜひ行ってみてくださいね。


★クアラルンプールからの行き方★
①バス:所要時間1時間、片道3リンギット(約75円)
②電車+タクシー:約50分、片道約10リンギット(約250円)
②タクシー:約40分、片道約100リンギット(約2,500円)


さて、今回はメジャーなみどころ3つのご紹介をしましたが如何でしたでしょうか。

もちろんご飯も美味しいクアラルンプール。
次回また私が記入する際には、マレーシアご飯編を特集したいと思います!
乞うご期待!


2017/10/9



過去の記事一覧はこちら

PR!


カモメ中国転職+アジアは、現在、海外に進出する日系企業様(ご利用実績1700社様以上)や、スポンサー人材紹介会社様(約20社)から、毎日(平日)15件以上の海外勤務の求人が寄せられ、海外勤務での情報量では最大量の求人広告サイトです。

カモメ中国転職+アジアは上海・北京・大連・広州・深セン・香港勤務/中国語、ベトナム・シンガポール・マレーシア・タイ(バンコク)等の求人就職情報のご提供を通して
皆様の「海外での素敵な就職・ライフワーク探しのお手伝い」をします