求人件数

最終更新日

お役立ちコンテンツ

第1回:コロナ禍の中国転職。中国就労ビザの取得体験記(書類準備編)

海外就職ノウハウ 2021-06-07

コロナ禍の中国転職画像1

2021/06/07

第1回:コロナ禍の中国就労ビザ取得体験記(書類準備編)


コロナ禍の海外転職

こんにちは、カモメ編集室です。
新連載「コロナ禍の海外転職どうする?」では、コロナ禍における中国アジア就職・転職の最新事情を紹介していきます。栄えある第1回は「コロナ禍の中国転職。中国就労ビザの取得体験記」です。前半は「書類準備編」として、ビザ申請のためにそろえた書類と、コロナ禍で変化した点についてご説明します。

この記事は、コロナ禍まっただ中の2021年5月に、上海へ渡航したカモメ新入社員(筆者)の実体験がもとになっています。あくまで体験談であり、手続きの解説ではないことをご了承ください。


準備した書類と画像は全部で8種類

筆者が中国就労ビザ(Zビザ)の申請準備を始めたのは、2020年11月。カモメではビザサポートがあるため、カモメ人事の指示のもと、以下の書類(および画像)集めから始めました。

1) 職務証明書
2) 最高学位証明
3) 無犯罪歴証明書
4) 健康診断書
5) 証明写真画像
6) パスポート画像
7) 履歴証明書
8) HSK中国検定証明書(あれば)


それぞれの書類について、順番にご説明します。

1.「職務証明書」は、任意の書式で作成する私文書です。筆者の場合は、カモメ人事から見本PDFをもらい、それを前職の人事に提出して作成してもらいました。その時点では、筆者は前職に在籍していたため、書類に記載する会社在籍期間は、入社から発行日までとしました。

コロナ禍の中国転職画像1

職務証明書。会社印と人事担当者の印鑑が必要



2.「最高学位証明書」とは、卒業証明書のこと。最終学歴の出身校で発行します。原則「最高学位証明書」として使用するには、「学位」が記載されている必要があります。しかし、筆者が受け取った卒業証明書には学位の記載がなく、出身校に問い合わせても、記載することはできないと言われてしまいました。そこで、追加で準備したのが「卒業証書のコピー(※1)」です。こちらには学位が記載されていたため、このふたつを用いて「最高学位証明書」としました。

また、通常であれば、卒業証明書は大学にて直接申請をすれば、即日発行が可能です(筆者の出身校の場合)。しかし、コロナの影響によって、現在(2021年5月時点)は郵送のみの申請になっているところが多く、筆者の場合は申請書を郵送してから、7日間程度で卒業証明書を受け取ることができました。

コロナ禍の中国転職画像2 コロナ禍の中国転職画像3

(左)卒業証明書イメージ。学位が記載されていることも多いが、私の出身校のものにはなし
(右)卒業証書イメージ。基本的に学位記載。実物を使用すると二度と使えないため、コピーを使用



3.「無犯罪歴証明書」は、自身が所属する警察署で発行されます。「渡航証明」や「犯罪履歴証明書」とも呼ばれています。筆者は、東京都内に住民票があったため、「警視庁」で申請を行いました。申請時に指紋採取が必要なため、コロナ禍においても必ず本人が訪問する必要があります。約2週間後にある受け取りも、郵送不可。ただし、委任状を書けば代理受領が可能です。

コロナ禍の中国転職画像4

犯罪経歴証明書。※下の青い判子については、次回「公印確認・領事認証編」にて



4.「健康診断書」は、中国大使館や領事館が認証した医院で作成されるものです。筆者の場合、ビザ申請代理店が手配してくれた医院で健康診断を行いました。診断書は、代理店からカモメ人事へ直接渡されたため、筆者が現物を見ることはありませんでした。

5.「証明写真画像」は、中国ビザの規定にのっとったものである必要があります。縦4.8*横3.3cm、背景はかならず白色です。街中にある証明写真機では見かけない形式だったため、写真館で「中国ビザ申請用」と伝えて、撮影してもらいました。

6.「パスポート画像」は、自身のパスポートをスキャンした画像でOK。パスポート残り期限が1年間ある必要があります。

7.「履歴証明書」は任意の書式を用いた「私文書」です。カモメ人事から受け取ったフォーマットをもとに、自身のプロフィールや職務歴を記入し作成しました。

8.「HSK中国検定証明書」は、準備できる方は提出しましょう。ビザはポイント加算方式で審査が行われるため、中国語スキルを証明できる書類があったほうが有利なのです。

以上の1~8までの書類は、コロナ禍においても約2~3週間程度で集めることができました。しかし、書類が集まったからといって、これで終わりではありません。むしろ、ここからが始まり。つぎに、2「卒業証明書」&「卒業証書コピー」と3「無犯罪証明書」の3つの書類について、日本外務省による「公印確認」と、中国ビザセンター(駐日中国大使館)による「領事認証」の2つを得る必要があります。

それについては、次の「公印確認・領事認証編」でご紹介します。

次回の予告


<注釈>
※1 原則として、「最高学位証明書」には、学位記載が必須です。しかし、実際には、学位記載のない卒業証明書であっても「最高学位証明書」として使用することができるケースも多いようです。会社やビザ申請代理店に確認するようにしてください。


2021/06/07




あわせて読みたい関連記事

<求職者の皆様にお願い>
カモメに掲載されている求人情報は、求人掲載企業に対して求人情報に虚偽がないようにお願いはしておりますが、掲載内容の全てを保証するものではありません。労働条件・待遇等については、ご自身で企業に十分確認されることをお願い申し上げます。また、求人掲載内容と実際の労働条件が著しく異なる場合、大変お手数ですが以下までお知らせいただけますようお願いいたします。弊社から求人掲載企業に誤記・虚偽がないか確認をさせていただきます。ご連絡先:info@kamome.cn